2008年08月22日

いただき物で手作り首輪

ぴかぴか(新しい)ただいま、あみねこ里子譲渡会開催中ぴかぴか(新しい)

応募期限は8月26日24:00までです!
ご応募お待ちしておりますm(__)m

 詳細と応募は 右 こちらの記事で


んじゃ、ここから今日の記事でーす!

*********************************


先日「まねきねこ」のfranさんからいただいた京都のお土産プレゼント

京都の名品・逸品がてんこ盛りだったのですが、
その中の一つに「真田紐」がありました。


IMG_6054.JPG



真田紐は、平たく厚く組んだ木綿の組紐で、戦国武将の真田幸村の一族が領地の人々に作らせ、それが好評だったために「真田の紐」と呼ばれるようになったそうです。
丈夫で美しさを失うことなく、京都の伝統の中で愛されてきた逸品なのですよ黒ハート

この素適な紐で猫グッズが作ってみたくて、
ペコリくんの首輪を作ってみました(*^^)v


IMG_6055.JPG



ペコリくんが昔付けてた首輪の留め具を再利用手(チョキ)
初めて作った手作り首輪にしては上出来だぁ〜るんるん←自画自賛(笑)

さっそくペコリくんに付けてみようっと( ̄m ̄* )ムフッ♪



IMG_6058.JPG


う〜ん、古代紫に中心の柿色が渋いわぁ〜〜ハートたち(複数ハート)
織物を織る手法で作り出された美しい模様♪
くみひもとはまたちがった味わいのがありますねぇ〜顔(笑)



IMG_6059.JPG


似合ってるよぉぉ〜〜顔(メロメロ)←親バカww
可愛い系のモチーフのリボンも、伝統工芸で作ると
温かみがあってほっこりと感じます。これも京都効果かexclamation&question(笑)



IMG_6064.JPG


franさん、どう?
素適に出来たでしょ〜〜?(〃◇〃)ゞテヘッ☆
迷子札の位置は、この後リボンの真ん中から下がるように手直ししました。

リボンの紐先の処理は「ニャンともまんまる日記」の
マーニャママンさんが教えてくれたサイトを参考にしました。
房飾りみたいになってて面白いでしょ?

マニャンさん、ありがとねぇ〜〜( ̄ё ̄)チュッ



IMG_6056.JPG


( ̄0 ̄;アッ!・・・・ごめん、ペコリくんのしか作ってないの顔(汗)



IMG_6057.JPG


だって、ライたんはモフ毛にうもれて首輪見えないじゃん!あせあせ(飛び散る汗)
100均の首輪で充分です!顔(ペロッ)

ってか、ライたん・・・
今付けてる首輪以外は全部自分で外しちゃうじゃないか・・・もうやだ〜(悲しい顔)
ライたんは100円の男でいいのよ(笑)



*********************************
ランキングに参加しています!ポチっと応援ヨロシクです!
皆様の暖かい応援が更新の励みになってます
2箇所ぽちぽちしていただけるとウレシス〜♪

peko-banner02.jpg  rai-banner02.jpg


ただいま個別のお返事をお休みしています。
時間の取れる時は、なるべく個別にお返事させていただきますが、
まとめてのお返事となります。
それでもいいよという方はコメントいただければ非常に嬉しいです。
ブログをお持ちの方は、必ず遊びに行かせていただきますので、
URLの記入も、よろしくお願いいたします。
申し訳ありません。(*_ _)人ゴメンナサイ

ニックネーム Chikaぽん at 20:30| Comment(17) | コスプレ・猫グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする