2007年08月12日

3針の思い出

それは今から2年前の初夏になろうかという頃。
この頃はペコリくんと2人きりで
ラブラブな生活を送っておりました。
(ライたんはまだ生まれてなかったもんね・・・)


子にゃんの頃のペコリくん
KIF_0154.JPG


我が家のマンションのまん前は、
環状道路を繋ぐバイパス道路。
騒音対策のために道路には防音壁が付いていますが、
私のお部屋の、どまん前は丁度信号があり、防音壁が途切れている・・・

窓を閉めていれば、車の音は全く気にならないんだけど、
開けていると、結構うるさいです。


環状道路からバイパスに入る際にあるアンダーパスで、
かなりスピードを出した車が通っていくので、
青信号でスルーしていく時は、時々びっくりするほどです。
長距離輸送の大型トラックも多いし・・・バッド(下向き矢印)


「でも、普段は平気だよぉ〜」
SANY0122.JPG


その日もいつものように、PCに向かう私のお膝の上で
ゴロゴロとご機嫌で甘えていたペコリくん。
いい加減にお尻も痺れてきたし、台所に行きたかったので
「ペコリくん、ちょっと降りてねぇ〜黒ハート」と
ペコリの両脇を持って、高い高〜いの格好で降ろそうとした時に・・・・





・・・ザザザズザァーーーーー!!!!

突然、もの凄い音がっ!! (☆-◎;)


道路清掃車の音が、ドップラー効果の如く、
ウチの部屋の前で突然轟音を立てて通り過ぎたのですたらーっ(汗)たらーっ(汗)

パニクって、暴れてもがくペコリ。
暴れるペコリに驚く私。
そして、いきなり私の口に猛烈な痛みが・・・雷


「ビックリしたんだもん・・・」
SANY0339.JPG


「痛っ〜・・・どんっ(衝撃)
口を押さえたままうずくまる私の周りを、心配そうに鳴きながら
ウロウロするペコリくん。
「だ、大丈夫だよ。ペコリくん怖かったねぇ〜、大丈夫かい?」
と、ペコリを撫でようと思って手を口から離すと、
思いっきり血まみれに〜〜がく〜(落胆した顔)


「ママ、大丈夫?」
SANY0496.JPG


「なんじゃこりゃーーーーー!! Σ(゚д゚lll)」


慌てて洗面所に行って確認すると、
左の口角の内側に、もう1個小さな口が開いてるように、
ぱっかりと肉が裂けておりました・・・( ゚Д゚)ヒョエー

「あっちゃぁ〜・・・切れちゃったよぉ〜・・・ふらふら
そうなんです。
パニクって、もがいたペコリくんの足が
驚いて「うわっ!」と叫んだ私の口の中に、
みごとにヒットしたのでした〜_(. ・)θ☆()キーック!

何度かうがいをしたら血は止まったし、
口の中ということで、治りも早いだろう。
まだ不安そうにしているペコリくんに、
「大丈夫だよ。顔じゃなくて良かったよ。
ペコリくんはエライねぇ〜、良い子良い子ね揺れるハート
となだめる私。

いや、マジで顔じゃなくって良かった・・・
今ごろスカーフェイスになってたかも知れないし・・・
目にヒットなんてことになってたら、もっと悲惨だったしなぁ〜顔(汗)


もう夜遅かったので、とにかく寝ることにして
翌朝、傷を見てみると大丈夫そうだったので出勤したんだけど、
会社で見せると皆が大騒ぎしたので、
早退して病院に行ってきました・・・あせあせ(飛び散る汗)


「最初から病院に行けばよかったのに猫(怒)
KIF_0083.JPG


病院の受付けで
「あのぉ〜、猫の爪で口の中が切れたんですけどぉ〜・・・
何科に行けば良いんでしょうか?」と言うと、
受付嬢、しばし固まる・・・(笑)
結局、形成外科で診察してもらい、その場で傷を縫うことになりました顔(泣)


全治3週間。3針縫う怪我になっちゃった・・・_(^^;)ツ アハハ


「あの時はごめんなさい・・・猫(泣)
SANY0037.JPG


良いんだよ、ペコリくん。
ビックリしちゃったんだものね。
傷跡は舌で触るとぼこぼこしたままになっちゃったけど、
これを触る度にペコリくんのことを思い出せるから、
良い思い出になったよ。
(親バカもいいとこかしら?あせあせ(飛び散る汗)


その後会社では、「Chikaぽんさん、あんまり猫が可愛くて
口の中に入れちゃったんだって!」と、
とんでもない笑い話にされたとさ( ̄□ ̄;)ナント!!


*********************************
ランキングに参加しています!ポチっと応援ヨロシクです!
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

ニックネーム Chikaぽん at 17:09| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする