2007年06月10日

雷銅との出会い

「メインクーン」
いつかは飼いたいなぁ〜と思っていた憧れのにゃんこ猫
その日もメインクーンのキャッテリーのHPをサーフィンしていて、
初めて訪れたHPに雷銅がいました。

当時、私が探していた毛色のブルーカラーのメインクーン。
キリリとした目元ながら、どこか夢見るようなふわふわとした
印象の子猫。それが雷銅でした。

ダメ元だと思ってブリーダーに問い合わせをしてみたら、
とんとん拍子で話がまとまってしまって、
我が家に迎えることになりました。

SANY0164.JPG

実は雷銅を迎えることになった半年ほど前に、
一目ぼれしたメインクーンがいたのですが、
そのブリーダーさんにペコリの性格などを細かく伝えたところ、
「メインクーンは、好奇心が強く活発で体も大きいですから、
そんな子猫をペコリちゃんは嫌うかもしれません・・・」
と破談になったことがありました。
なので、できれば大人しくておっとりした性格の子を希望してたのですが、雷銅のブリーダーさん曰く「兄弟の中で一番大人しくて静かです。
当キャッテリーの仔猫たちは皆先住猫と仲良くできてますよ」
とのこと。

まぁ、会わせてみなくては性格も相性も分からないし・・・
「ま、なんとかなるさ!」
・・・と、飼い主の短絡的な考えがその後ペコリの災難に顔(汗)

雷銅を見つけた日が3月5日、誕生日は12月5日、
HPで紹介されていたのが5番目君と、「5」に縁がある子だったので、
第5のルーン文字(文字Rを代表する)を表す『Raidoh』という言葉に
漢字を当てて、『雷銅(らいどう)』と名前を命名手(チョキ)

そして、いよいよお迎えの日。
仕事は1週間お休みをとっておきました。
新幹線で郡山駅でブリーダーさんと待ち合わせ。
車で連れてこられたライたんは、少し乗り物酔いしちゃったそうで
キャリーの中で大人しくしていました。

戻りの新幹線の車中も一声も上げずに、
大人しく私になでられていたので、「うん。イイ子かもグッド(上向き矢印)
と思っていたのですが・・・

家について1人でお留守番のペコリくんは、
仔猫を連れ帰った私に、しょっぱなから不満の鳴き声。
これから一緒に暮らすんだから仲良くしようよ。

そしてファーストインプレッション・・・

SANY0052.JPG

ああああ・・・・
ライたんは分かるけど、ペコリくんまで威嚇しまくりだぁ〜
一時預かりの子たちには、あんなにかいがいしかったペコリくんが・・・

今思えば、いきなり引き合わせた私が悪かったのですがもうやだ〜(悲しい顔)

SANY0060.JPG

急だったからびっくりしただけで、
徐々にお互い慣れてくれるだろうと高をくくってたら・・・
ところがどっこい2匹の距離は一向に縮まる気配はなし。
ペコリはたまに舐めてあげても、
ライたんが噛み付くので逆ギレ右そしてケンカ爆弾
ライたんは遊びモードで飛び掛るけど、ペコリは迷惑爆弾

SANY0107.JPG

ストレスからペコリは1ヶ月も下痢が続いて声もでなくなり、
ライたんは譲渡時からあったくしゃみと鼻水がずっと止まらず、
おまけに変な咳も続いて病院通い・・・

おまけに「ノラ猫だってもうちょっとなつくんじゃないの?」ってほど、
まったくなれる気配無し。
気が付くといつもそばにはいるけれど、撫でようと手を伸ばせば
身をすくませて逃げていくし、抱っこしようものなら悲鳴をあげるし・・・
どーしてなのぉーーーーもうやだ〜(悲しい顔)
大人しい性格じゃなくて、人馴れしてないから怖くて静かにしてたんじゃないの?だって1人遊びの激しさは半端じゃないもの〜〜あせあせ(飛び散る汗)

見よ!この気の強そうな顔をっ!
SANY0204.JPG

そんなこんなでも、機嫌の良い時はなでなでさせてくれるようになったりで、ライたんもすくすく育ち、10ヶ月齢で去勢手術となりました。

実はライたんは片方の睾丸が降りてない、停留睾丸でした。
停留睾丸だと判ったのは家に迎えてから1ヶ月以上たってからです。
ブリーダーから何も言われてなかったし、
なかなか懐かないライたんを無理やり捕まえてボディーチェックするのもままならずだったので発見が遅れてしまいました。

5ヶ月齢で迎えたので片方降りてなかったらはっきり判るのに、
なぜブリーダーは知らせてくれなかったんだろう・・・
腹立ちましたね〜〜ちっ(怒った顔)
送ってくれるはずのワクチン接種証明書も、まったく送ってこなかったし・・・
問い合わせついでに、停留睾丸のことも言ったら
「手術すれば治ることなので問題ないです」との返事。

そりゃあ手術すれば治るけど、
通常の去勢手術じゃなく開腹するんじゃないの!!
聞けば以前から停留睾丸の子が生まれてるだとー!
なんで平気で繁殖を続けてるんだ!

ブリーダーって、その猫種の素晴らしさを後世につないで行くために、
優秀な性格の良い子が生まれるように
ブリーディングしていくのではないの?
姿や毛色が美しいだけの子を輩出するためだけに
繁殖させてるわけじゃないでしょ?
里親希望者だって、有料譲渡なんだから五体満足は当然だと思ってるし、
キャッテリーから購入するのは、きちんと社会性を学んで
人に懐いている子が欲しいからなのに・・・

雷銅のように、人との接し方が判らないような子を
「大人しくて静かな良い子ですよ〜るんるん」なんてウソ言って、
おまけに停留睾丸なのも黙ってるなんて・・・
遠方で面会も出来ずに決めた私にも非はあるんだろうけど・・・バッド(下向き矢印)

雷銅のブリーダーさんとは、それ以来きっぱりと縁を切りました。
私は彼女の考え方に、どうしても納得できなかったので。
雷銅の血統をたどるのに欲しかったかなとも思ったけど、
血統書ももらうのを止めました。連絡したくないから。

さてさて、そんな一波乱はありましたが、
ライたんの停留睾丸の手術は無事に終了。
男の子では滅多に見られない、可愛い腹帯姿も見られたしね黒ハート

SANY0303.JPG

夢は10kg級の巨大メインクーンに育って欲しいけど、
ちょっと無理かなぁ〜・・・
手術の時で4.5kg、現在1歳半で6.5kg。
もうちょっとは育つとしても・・・う〜んふらふら
あっ!でも結構細いから横に育てば10kg級?顔(ペロッ)

「ボクはデブにはならないでシよ〜猫(笑)
45430011.jpg

そうね。デブはペコリくんだけでいっか・・・顔(汗)
ペコリのような甘えたじゃなくても、
今となっては可愛い私の王子様。
夜半に目が覚めた時に、こっそり私の枕元で寝てたりとか、
私が台所に行くと、いつのまにか近くからずっと様子を見てたりとか、
ライたんが本当は甘えたいのは知ってるからね。
ただ、どうやっていいかわからないんだよね。

ゆっくり時間をかけて仲良くなろうねライちゃんわーい(嬉しい顔)
今はツンデレ王子でもママは我慢するよ〜かわいい

「ツンデレでシか?」
SANY0508.JPG

今日はとっても長くなってしまいました・・・
文字が多くて申し訳ない。
最後まで読んでくれた方、どうもありがとうございましたー!リボン


*********************************
ブログ更新の励みになります!ポチっと応援ヨロシクです!
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ





ニックネーム Chikaぽん at 16:14| Comment(9) | 雷銅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする